後期4ヵ年行動計画(令和4年度~令和7年度)

後期4ヵ年行動計画を策定しました

平成28年度~令和2年度の5年間を計画期間とした前期5ヵ年個別行動計画を策定し、市営バスの経営改革に取り組んでまいりました。そのような中、令和2年1月に国内初感染が確認された新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、これまで比較的順調に推移していた市営バス利用者は激減し、令和2年度決算における乗車料収入は対前年度対比で約3億8千万円の大幅な減収となる等、先行きを見通せない状況となりました。こうした状況を踏まえ、令和2年度中に予定していた後期5カ年行動計画の策定を先送りすることとし、新型コロナウイルス感染症による影響等、経営戦略策定後に生じた経営環境の変化や新たな課題等に対応していくため、経営戦略の残期間である令和4年度~令和7年度の後期4カ年行動計画を策定しました。


◆後期4ヵ年行動計画

  後期4ヵ年行動計画

 

※PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
   Adobe Reader ダウンロードページヘ

ページの先頭へ戻る

ひとにも まちにもやさしい市バス  愛される市バスを目指して 伊丹市交通局